高級婦人服縫製工場 株式会社フォーエヴァー

株式会社フォーエヴァーは100%日本国内製造高級婦人服縫製工場です。

岐阜県本巣市

婦人服工場

ごあいさつ

Greeting

岐阜県本巣市の株式会社フォーエヴァーは、2012年創業のまだまだ新しい会社です。繊維業に30年携わる社員をはじめ、みんなでより良い商品作りに励んでいます。外国人の技能実習生も頑張ってくれています。

縫製は技術職です。いくら機械化されている工程であっても技術力が必要になります。当社では、熟練工や外国人技能実習生が真剣に服作りをしています。岐阜県庁より、ワークライフバランス推進企業に登録もさせていただいています。仕事や子育てや生活のバランスを大事にしている会社です。

  • 国内縫製工場と、連携して生産していきたい企業様

  • 日本製で統一したブランドを発信していきたい企業様

  • サンプル生産も依頼できる縫製工場をお探しの企業様

  • 大量生産から小ロットまで対応してくれる縫製工場をお探しの企業様

  • 自社工場のように使える縫製工場をお探しの企業様

縫製をご依頼されたい法人様

縫製のことなら、まずはお気軽にお問い合わせください。

 
婦人服工場

当社の強み

Forte

多彩なアイテムに対応

布帛、ニット、エレガントもカジュアルも全方位対応できます。アイテムごとのスペシャリストが国内縫製工場で縫製します。生地・資材や縫製仕様を熟知したアドバイザーが、デザイナー様のオリジナルの服づくりを万全サポートで実現します。

国内ホワイト縫製工場

国内縫製工場が生き残るには、日本国内での物作りを理解してもらえるブランド(取引先様)との関係を強化していくことが必要だと考えています。特に、百貨店ブランド、OEM(相手先ブランドによる生産)、DtoC(メーカー直販)、EC(電子商取引)などで日本製をアピールしていただける取引先様に協力させて頂きたいと考えています。日本国内には労働法や最低賃金法があります。いくら工場が努力をしても日本国内の労働対価はアジア諸国に比べてとても高いです。そのため、賃金不払いをする悪質な工場も散見されます。しかし、日本国内で物作りをするためには最低賃金法など国内法を遵守し生産していく必要があります。人件費すらまともに払わない会社は、真面目に創業している縫製工場に対しての不当競争の助長になります。賃金不払いを起こす縫製工場で生産していたことが問題になり、ブランドイメージが毀損しブランドがなくなってしまったこともニュースで流れることがあります。当社では、CSR(企業の社会的責任)を果たすためにも、縫製工場の労務管理を徹底し、労働搾取のないクリーンな服を作っています。

サステナビリティー

サステナビリティー(Sustainability)とは、環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方を言います。
•本当に価値のある1着を大事に着て頂くこと
•価値ある1着の服を生産していくこと
•技術の継承を行い、優れた技術を未来に残すこと
•安定した雇用で、地域経済に貢献すること
•廃棄物を少なく、無駄のない生産を行なうこと

などが、私たちが取り組む課題です。持続可能な社会を構築するため、できることから推進していきます。

小ロットから大量ロットまで対応

生産枚数が少ないもの、サンプルの縫製もご要望の枚数で対応いたします。展示会サンプルの縫製、機能性の確認・試作・量産ご依頼の中から数枚だけ先に出荷(分納)といったご要望にもお応えしますので、ECサイトの写真撮影などにもご利用いただけます。
小ロットでの生産も可能ですが、枚数が少なければ単価が上がってしまいます。お客様のご希望枚数とご予算をお伺いし、そこから最もバランスの取れたご提案をさせていただきます。最低生産枚数は製品や縫製仕様によって異なりますのでご相談下さい。

エシカル志向(消費)

当社は、地球環境や人、社会、地域に配慮した「エシカル」という考え方を大事にしています。エシカルとは「法的な縛りはないけれども、多くの人たちが正しいと思うことで、人間が本来持つ良心から発生した社会的な規範」です。当工場では、日本国内法に則った労働環境で生産を行っています。国内の縫製工場では、外国人技能実習生に対する賃金不払いや不当労働行為が問題になっていますが、当社では労働法に則った運営をしていますので、当社で作られた商品によって取引先ブランド様のブランドイメージを損なう事はありません。

SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」

国内外の企業と連携し、官民一体の取り組みを推進し、持続可能な開発に向けて取り組みを推進していきます。

縫製工場