ブログ

Blog

  • 株式会社フォーエヴァー

JUKI 電子鳩目穴かがりミシン(MEB-3200SSJD)導入 国内縫製工場フォーエヴァー

株式会社フォーエヴァーでは、最新のJUKI電子鳩目穴かがりミシン(MEB-3200SSJD)を導入いたしました。(総合糸切り付き)



JUKI独自のアクティブ・テンション【電子糸調子機構】を搭載。

安定した総合糸切り機構

紳士・婦人服仕様 MEB-3200SS/RSは、針糸、ルーパー糸、芯ひもの糸残り量を長くカットします。糸端を保持しやすい長さにカットしますから、次工程の閂止め工程が行いやすくなります。 ジーンズ仕様 MEB-3200JS、綿パン・ワーキング仕様 MEB-3200CSは、針糸、ルーパー糸、芯ひもの糸残り量を短くカットします。糸つみ作業が不要ですから、作業能率が向上し、生産性を高めます。


針糸・ルーパー糸張力を電子制御する アクティブ・テンション (電子糸調子機構)世界初!

縫製条件に応じ、針糸・ルーパー糸の張力を操作パネルでデジタルに設定。 データはパターンごとに登録でき、従来の糸調子機構ではできなかった同一の縫い条件を簡単に再現することが可能ですから、素材変化への対応が速やかに行え、段取り時間や調整時間を大幅に短縮します。 また安定した高品質の縫いを実現します


糸張力が鳩目部・平行部など 各部位ごとに個別に設定できます。アクティブ テンション

  • 段部での縫い調子の変化にも簡単に対応でき、閂止め部の張力も個別に設定できますので、より高品質の縫いが実現できます。

  • 縫い始め、縫い終りの糸張力も個別に設定できますから、縫い始めの糸締まり不良、スッポ抜け、ホツレを防止します。



高いフレキシブル性

電子制御化により多様な鳩目穴形状を操作パネルで選択・設定できます。 10パターンの縫い形状を標準装備。最大89パターンの記憶ができ、自由に選択できます。


使いやすい多機能の操作パネル

データ設定・選択は操作パネルから簡単に入力できます。



  • 針糸つかみ装置付き仕様 MEB-3200□□□Aサブクラス

  • 針糸つかみ装置は、針糸を縫い目の中に巻き込みますので、糸処理が不要です。

  • 針糸を保持し、1針目から確実に縫い目を形成します。 *針糸つかみ装置を後付けすることができます。 品番:320-24481(オプション)


  • 縦穴縫製にも対応する新型頭部

  • エグリタイプの頭部を新開発。縦穴縫製が効率よく行えます。 *縦穴縫製には縦穴横穴兼用仕様 MEB-3200RSをご使用下さい。

  • 押えのフトコロが広いため、縫製物のセット性がよく、作業性が向上します。

  • 半沈式ですから、縫製物のセット性がよく、取り回しも楽に行えます。

  • 布開き量は外側のネジで簡単に調整することができます。

ダイレクトドライブ方式を採用 小型ACサーボモータを下軸に直結したダイレクトドライブ方式を採用。立上りが速く、停止精度も高く、優れた応答性を発揮します。Vベルトがなく、消費電力も低減します。 マルチカット装置付き仕様 MEB-3200□□□Mサブクラス

  • マルチカット装置は、布切りメスを鳩目部と直線部に分割しています。 サイズの異なる紳士服のフロントボタン穴とラペルのフラワーホールの鳩目穴かがり(または眠り穴かがり)を、メス交換不要で縫製できます。従来のようにミシンを2台用意する必要がなく、色糸交換などの段取り時間が半減し、生産性が向上します。

  • 直線部メスの複数回落しにより、穴の長さはメス受けを交換することなく、鳩目穴は18mm~38mm、眠り穴は10mm~38mmの穴サイズまでの縫製ができます。デザイン変更の多い婦人服の小ロット生産にも最適です。

  • 針糸つかみ装置を標準装備しています。